カバの耳

カバの小さな目と耳で知ったこと

仏南部の都市ボーケール(Beaucaire)とは?

www.asahi.com

新聞の気になった小さな記事を取り上げて記録。今回はこの記事。

2017.04.20 朝日新聞

*****

この記事の後半に出てくるボーケール(Beaucaire)という都市が気になる。

ボーケール (ガール県) - Wikipedia

一度だけ、フランス・パリに行ったことがある。そこで気づかされるのはアラブ系の方がつけていると思われる香水の匂い。多くの移民が流入されていることは頭では分かっていたが、肌で感じるとまた違う印象を受ける。

フランスの田舎はどうなんだろう?と想像しても、頭に浮かべられない。農業国だから、移民の方は少ないのではないかと漠然と思っていたが、自分の知識のなさに情けなくなる。このボーケール(Beaucaire)では、

7割が北アフリカからの住民。古い住民との交流がなく街は二つに分かれている。

地中海に近く南フランスに位置するこの小さな街がそんな風になっているなんて知らなかった。 

ボーケールは、ローヌ川の水上貿易によって発展していた都市のようで、17~19世紀にはかなり繁栄していたようだ。美しいお城や修道院が残っている。

 

ボーケールの自然なスナップショットがたくさん載っている記事を見つけた。

mylifeincortdazur.blog.fc2.com

この記事を見ていると美しい景色とおいしそうな料理を目当てに行ってみたくなる。でも、自分が想像している南仏のイメージとは違う印象を受けるのだろうか。

 

FN若手ホープの市長が当選したことで、イスラム教徒に対して強引な政策が行われようとしているとのこと。もとはと言えば、

1980年代から郊外に大型店が開店。地元商店が立ちのいて建物の部屋が分割され、低所得で貸し出されるようになった。

地域の力が弱まり、人口バランスが急激に変化したことで対立が起きるようになったのだろうか。

そういえば、自分が良くいく場所もかつて大企業の会社がでーんとあり、その周りの地域はその会社の社員用におしゃれなカフェや雑貨やが並んでいた。ところが、その大企業が移転した途端、街の風景は10年も待たずに一変した。街が変わっていくのは仕方がないことだけれど、そのスピードが早いほど摩擦は起きやすいのかもしれない。

もし、移民の流入が100年かけてじっくり行われたら、また違う結果になったのだろうか。

もし、地元商店が立ちのいた後、会社を誘致するなどして発展させていたら、どうなっていたのだろう。

キーワード

FNとは・・・右翼・国民戦線 Front National 国民戦線 (フランス) - Wikipedia

関連ニュース

www.bbc.com